呉谷充利「ル・コルビュジエ ー作品はなぜ世界遺産になったのかー」

ホーム執筆者の著作、論文、講演等呉谷充利「ル・コルビュジエ ー作品はなぜ世界遺産になったのかー」

ル・コルビュジエ ー作品はなぜ世界遺産になったのかー   呉谷 充利

近代建築家ル・コルビュジエの作品(一例: 国立西洋美術館 東京)が2016年7月に世界遺産に登録される。講演は、絵画と建築に関する研究に基づいて、ル・コルビュジエの作品がまさしく20世紀モダニズム文明のモニュメントとしてあることを造形に表現化される身体にいう。



相愛大学退職記念講演

於: 芦 悠 館 平成29年2月26日
お問い合わせ
ページの先頭へ