橋元淳一郎著『相対論の直観的認識について: 物理学とリズムに関するエッセイ集』

ホーム執筆者の著作、論文、講演等橋元淳一郎著『相対論の直観的認識について: 物理学とリズムに関するエッセイ集』

橋元淳一郎『エッセイ集』

「白樺サロン」機関誌に寄稿した原稿を加筆修正したもの。 
エッセイは、表題のほかに「リズムと物理学」、「時間系列の話」、「相対論と主観的時間」、これらはいずれも相対論と時間の流れについての論考です。最後に奈良高畑に関する個人的なエッセイ「愚想雑感----奈良高畑との出逢い」を加えた。
お問い合わせ
ページの先頭へ